Page: 1/11   >>
重さ32
こんにちは!教務の生江です。
先週面白い課題がありましたので紹介します。


じゃん!!






氷です!!!!

幅27僉澑行27僉濆發60僂良垢任后!!!

重さ32圈!!!


モチーフのビジュアルは大迫力でした!!!


これを台に置き、2日間制作するというもの…。 溶けていくのも考えて、絵にしなくてはいけない…。 う〜ん、難しい…。
と思いきや、生徒は結構楽しんで描いていました笑
終わったらかき氷にしよう!!と画策する子も…。





ついでに、氷は溶けるので、早朝に事務長が車で取りに行き、32キロを毛布に包んで、4階まで抱えでセットしてくれました。お疲れ様です!!


| saikosha | 13:21 | - | - | - | - |
油絵科昼間部奥多摩合宿2016

こんにちはかお


油絵科講師の藤村です。


油絵科昼間部では10月15、 16日に奥多摩に毎年恒例の合宿に行きました。
毎日彩光舎で制作しているとモノに対する見方も偏りがちです。 一つの目標やイメージに向って盲目的に頑張る事も大切ですが、
時には普段と違う環境に行き、 違う視点で見ると新しいアイデアやイメージが湧いてくる事もあり ます。


今回の合宿に行くに当たり、生徒には、今見えている視点が変わる装置『視点変換装置』 というものを作ってきてもらいました。
視点の変換のさせ方や装置の外観など、 それぞれにこだわりポイントが違って面白い作品が出来ていました ので紹介します。

 

↓S君の作品


覗くと自分の後頭部が見えるように鏡が2枚セットされています。 なかなか自分の後頭部を見る機会はないので不思議な感覚を味わえ る装置です。
素材には山で拾った枝が使われているなど、 なかなか味わい深い外観になっています…目

 

↓T君の作品


これはかなりビジュアルにこだわっている作品です。 材料には石油を給油するためのポンプやゴーグル、ライ トなどが使われています。 ゴーグル部分は二重構造になっていてポンプ内にドライアイスを入 れると煙がゴーグル内に充満していき、 徐々に視点が変わっていく様子が味わえます。 未来感が凄かったです手

 

合宿中には2つの美術館にもいきました。 どちらの美術館も貴重な作品が多数あり興味深かったです。

受験生は忙しいのでどうしても生の作品を見る機会が少なくなりま す。しかし、 絵の具の使い方や重ね方など、生の作品でしか発見できない事も多い です。
スマートフォンの普及で世界中の絵を画面を通して見る 機会も増えましたが、 たまには生の作品を見てみると新たな発見があるかもしれません。

 

↓美術館の写真


その他にも合宿中は1日目は御嶽山、 2日目は多摩川周辺を散策しました。

散策中には気になったものを取材してもらったのですが。合宿後に取材内容を元に油彩作品も制作してもらいま した。
普段考えている自分のテーマに沿ったモチーフや風景選びがこの課題のポイントになってくるのですが、 各々の着眼点が見えた作品も多くあり素晴らしい制作になっ たと思います。

合宿中は視点変換装置や奥多摩散策、 美術館見学と割と忙しかったと思いますが、 合宿での経験を普段の制作に生かしてもらえるとうれしいです。生徒の皆さん合宿お疲れさまでした。

 

 

 

生徒の感想

Sさん

 

1泊2日という短い間でしたが色々と学んだことがあったり、普段は予備校以外に外出はしないため山の散策などは気分のリフレッシュにもなりました。 また、山の中を歩く時に感じた空気感などは帰ってきてからの彩光舎での制作に良い影響があったので、いい経験だったなと思います。

I君

 

塾の仲間やいつもお世話になっている先生方と一緒に泊まり、語り合うことができ新鮮でとても充実した体験になりました。
| saikosha | 20:59 | - | - | - | - |
「油絵科って?」展 やってます!
 

こんにちは
油絵科講師です


毎年恒例の「油絵科って?」展を今年も開催しています

この展示は、まだ油絵科についてよく知らない人たちのために、油絵科とはどういった科なのかを紹介することを主な目的とした展示です。
美大の油絵科と一口に言っても、全員が油絵を描いているわけではありません。
油絵などの平面作品の他にも、立体作品映像作品など表現方法は様々で、一人一人が自分にふさわしい作品スタイルを確率させていく場所です。


今回の展示でも、油絵に限らずあらゆるジャンルの作品が一堂に会しています


画像は初日のオープニングパーティーの様子です
受験生たちが美大生の話を熱心に聞いています













「油絵科って?」展は今週日曜日まで開催しますので、この機会をお見逃し無く

場所は彩光舎の中にある彩光舎ギャラリー。
回廊時間は10時から17時まで、なお最終日の日曜日は14時で終了となりますのでご注意下さい。



彩光舎のホームページへはこちらをクリック!



word & photo by taira



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
彩光舎美術研究所では 人物モデルアルバイト登録者 を募集しています!

○女性モデル 高卒18才〜35才位まで
○未経験者OK
○時給はポーズ等によって変動します。

詳しくは 教務 までお気軽にご連絡ください。
saikosha@fine.ocn.ne.jp
048-824-2522
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
saikosha@fine.ocn.ne.jp
048−824−2522




| saikosha | 14:49 | - | - | - | - |
有色下地ドローイング

 こんにちは
油絵科講師の藤村です。

今日の油絵科昼間部の課題は『有色下地ドローイング』でした。
色がついている支持体を使い、そこに有色下地よりも明るい描画材と暗い描画材で描いていきました。
今回はデッサンではなくドローイング。いかに早く中間色から形を出し画面を作るかというテーマで制作してもらいました。

早く形を出せて早く画面構成が決まれば描き込みに多くの時間を使えます。

みんな頭をフル回転させて制作していました。



制作風景


制作中作品


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
彩光舎美術研究所では 人物モデルアルバイト登録者 を募集しています!

○女性モデル 高卒18才〜35才位まで
○未経験者OK
○時給はポーズ等によって変動します。

詳しくは 教務 までお気軽にご連絡ください。
saikosha@fine.ocn.ne.jp
048-824-2522
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
saikosha@fine.ocn.ne.jp
048−824−2522

| saikosha | 17:07 | - | - | - | - |
油絵科の今日の作品


油絵科講師の藤村です


梅雨に入り、はっきりしない天気が続いていますね


今日は油絵科の生徒の力作を紹介します





今日は静物課題だったのですが静物をそのまま描くのではなく自分なりに解釈して表現してくれました。
創造性のある魅力的な絵になっています




あと2週間で前期も終りです。ラストスパートッ

| saikosha | 17:45 | - | - | - | - |
油絵科昼間部、パースゼミ



こんにちは

油絵科講師のです




今週、油絵科昼間部ではパースゼミと題して、絵画の基本となる「パースペクティブ」についての知識をおさらいしました




平面上で奥行きを出すために遠近法が用いられますが、パースペクティブ=(略してパース)を利用した遠近法は、絵画制作の基礎知識の一つです
物を立体的に見せたり空間の奥行きを描く場合に必要になる方法論で、一定のルールが存在しますが、果たしてみんな正確に理解できているでしょうか




静物を主に線だけで表現し、パースのルールに則って正確に描いていきます















なかなか苦戦していましたが、組まれたモチーフの中の法則性をじっくり読み取りながら描けました


今後も様々なゼミを通して基礎力を見直したり、新たな発見をしていってほしいと思います







| saikosha | 19:35 | - | - | - | - |
第5回「油絵科って?」展、始まりました!
 

こんにちは〜
油絵科講師のです



毎年恒例の「油絵科って?」展が昨日からスタートしました




この展示は、彩光舎の油絵科から各美大に合格した美大生たちの展覧会で、油絵科ってどんな科なのか、大学ではどんな作品をつくっているのかを紹介する展覧会でもあります


5回目となる今回も、幅広い表現が集まった展示になっています




展示作業の様子です




そしてオープニングレセプション

自分の作品についてや、大学生活についてなど、
出品者のみんなが詳しく語ってくれました
受験生たちも熱心に聞いていました






作者それぞれの考えや大学の様子が伝わったのではないかと思います


この展示は8月14日まで続くので、皆さんぜひギャラリー彩光舎に遊びにきてくださ〜い




word by taira
photo by osumi



| saikosha | 00:20 | - | - | - | - |
夏期講習なう!
 こんにちは!油絵科の須藤です

彩光舎は7月22日〜8月24日まで夏期講習を行っています。
普段は学校があり夜間しか彩光舎に行けない高校生にとって
講習会は集中してしっかり絵に向かうことが出来るよい期間だと思います
一枚一枚の絵を大切にして毎日を過ごしていけば、夏期講習前と講習会後では驚くほど成長していることでしょう
昼間部の生徒達も通常授業よりも人数の多い教室で、お互い刺激し合いながら成長していければいいなと思います!
講習会後のみんなが楽しみです


昼間部の生徒達の大作展が本日まで彩光舎ギャラリーで開催しています
普段の授業では描かない大きなサイズの作品を1週間かけて制作し、
展示の初日は生徒達に作品のプレゼンをしてもらいその後講評をしました。
一人一人の作品のプレゼンが面白く、生徒達が普段考えていることが見えてきました
考えている事がうまく伝わってくる作品がつくれるように、構図や色彩等、工夫していけるといいですね

展示風景!



夏期講習二週目に入りました!
暑さに負けず、色んな挑戦をしながら成長していきましょう


暑いな〜、と思っているのかな?彩光舎のカメさんです



word & photo by sudo

---------------------------------------------------------------------------------


2013 夏期講習会パンフレット配布中

2013年版の夏期講習会のパンフレットを配布中です。

必要な方は、電話番号048-824-2522又は資料請求フォームからご請求下さい。

*2013年度学校案内と一緒にお送りしております。「夏期講習会パンフレット」のみ、また複数部ご希望される場合は、お電話にてご請求下さい。



| saikosha | 13:22 | - | - | - | - |
あじさいの季節
 こんにちは☆油絵科の大隅です
久しぶりのブログです。

彩光舎の入り口には、毎年この時期になると
あじさいが見事です



梅雨入りもしたようで。

今度モチーフにあじさいを使う予定です


さて、今日も油絵科昼間部はデッサンを強化中!



パース!!



自分の作品を撮り、ファイリングですね


新しい生活にも慣れ、ダルッとしがちな時期ですが

まずは6/9(日)の

公開コンクールに向けてがんばりましょう☆






word & photo by osumi



| saikosha | 16:28 | - | - | - | - |
油彩グリザイユ


こんにちは
油絵科講師のです


先週、油絵科夜間部では油彩のグリザイユに挑戦しました
グリザイユとは油絵の古典技法の一つで、白と黒(または褐色系の色)のみで描くというものです。

絵画制作で重要なのが「層構造
絵の具を重ねてにしていくことで、質感に深みが増したり、色が複雑になっていきます

絵の具の層を重ねていきながら、じっくり静物を描き込んでいきます













みんな油絵の具の基礎をしっかり理解出来たでしょうか

これからも様々なことに挑戦し、力をつけていきましょう〜




word & photo by taira





| saikosha | 20:22 | - | - | - | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Entry

Category

Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Sponsored Links

qrcode